【ソラマチ】「ぴょんぴょん舎 Te-su」のはみだし豚丼&冷麺をお腹いっぱい食べてきた

ソラマチ ぴょんぴょん舎

東京ソラマチ6F、レストランフロアにある「盛岡冷麺と韓国めし」をコンセプトにしたお店「ぴょんぴょん舎 Te-su(テェス)」で、看板メニューの”はみだし豚丼”と冷麺のセットをいただいてきました。

東京ソラマチオープン時からレストランフロアに店を構えている、ソラマチリピーターにはおなじみのお店。

見た目にもインパクト抜群の”はみだし豚丼”と独特のコシが見事な盛岡冷麺が美味しかったので、ご紹介です。

ソラマチ「ぴょんぴょん舎 Te-su(テェス)」について

東京ソラマチ6F、エスカレーターホールのすぐそばにお店がある「ぴょんぴょん舎 Te-su(テェス)」。
ソラマチ ぴょんぴょん舎

岩手県を中心に13店舗を展開するぴょんぴょん舎系列のお店です。

メニューは「盛岡冷麺と韓国めし」をコンセプトにしたものがそろっていて、冷麺や焼き肉などが楽しめます。

店内は広くはありませんが、テーブル席が多く家族連れも安心。
ソラマチ ぴょんぴょん舎

ひとりランチをしている人も多く、少人数でも利用しやすいお店です。(私もひとりランチを楽しみました)

関連ランキング:冷麺 | 押上駅とうきょうスカイツリー駅本所吾妻橋駅

<下へ続く>

スポンサーリンク

「ぴょんぴょん舎 Te-su(テェス)」のはみだし豚丼&冷麺のセットを実食

今回は「ぴょんぴょん舎 Te-su(テェス)」の看板メニューとも言える”はみだし豚丼”と冷麺のセットをいただいてきました。

注文して最初にテーブルに運ばれてきたのはサラダ。
ソラマチ ぴょんぴょん舎
豚丼&冷麺はお野菜が不足気味なメニューなので、サラダがセットになっているのはうれしいです。

サラダを食べ終わると、ほどなくメインが運ばれてきました!
”はみだし豚丼”と冷麺のセットがこちら。大根のキムチも一緒についてきます。
ソラマチ ぴょんぴょん舎
見た目からボリューム満点ですね!

丼に大きな豚肉が6枚!
ソラマチ ぴょんぴょん舎
思わず「おぉ〜!」って心のなかで叫んでしまったのは秘密です(笑)

照りがある感じで焼かれた豚肉。厚みはそれほどでもありませんが、1枚1枚が大きめなのがうれしいです。
ソラマチ ぴょんぴょん舎

そして、お肉より目立っているんじゃないかと思うのが、丼の中央にポトンと置かれた玉子!
ソラマチ ぴょんぴょん舎

玉子をお肉にからめていただきます。
ソラマチ ぴょんぴょん舎
甘辛なタレで焼かれたお肉と玉子の相性は抜群!ぺろっといけちゃいます。

もう一つのメインである冷麺はこちら。
ソラマチ ぴょんぴょん舎
半冷麺なのでボリューム感はそれほどでもありませんが、コシがある麺なので思った以上に食べごたえがあります。

盛岡冷麺の特徴であるコシがありシコシコした麺は、一度食べ始めると止まりません!
ソラマチ ぴょんぴょん舎
セットに付いてきたキムチやお酢を混ぜれば、また違った味わいが楽しめます。

今回は丼と冷麺のセットをいただきましたが、今度は冷麺だけを思いっきり食べてみようと思います。

<下へ続く>

スポンサーリンク

ソラマチ「ぴょんぴょん舎 Te-su(テェス)」の店舗概要

関連ランキング:冷麺 | 押上駅とうきょうスカイツリー駅本所吾妻橋駅

この記事のURLとタイトルをコピーする
  

この情報をシェアしよう