ソラマチで「新国立劇場 舞台美術展で巡るオペラ・バレエの世界2022」開催|楽器によるミニ・コンサートも!

Main

2022年2月19日(土)・2月20(日)の2日間、東京ソラマチで新国立劇場で上演されたオペラ・バレエの舞台装置模型及び衣裳が展示される舞台美術展「新国立劇場 舞台美術展で巡るオペラ・バレエの世界2022」が開催されます。

オペラ『ばらの騎士』の舞台装置模型及び衣裳、バレエ『白鳥の湖』の衣裳を間近で見ることができるほか、今シーズンの公演ポスター等も展示されます。

この舞台美術展の開催は今回で3回目。
開催期間中には期間中にはヴァイオリン・ハープ・マリンバによるミニ・コンサートも開催されます。
オペラの名曲から有名なクラシック曲まで、素敵な演奏を間近で聴いて楽しむことができます。

うれしいことに、会場への入場は無料なので、展示も演奏も気軽に楽しむことができます。

ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

<下へ続く>

スポンサーリンク

「新国立劇場 舞台美術展で巡るオペラ・バレエの世界2022」の開催概要

開催日時
2022年2月19日(土)、20日(日)  11:00~17:00

開催会場
東京ソラマチ5F スペース634
〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1-2  東京スカイツリータウン・ソラマチ5階

ミニ・コンサート開催日時

2022年2月19日(土)、20日(日) 13:00/14:30/16:00(各回30分程度)

ミニ・コンサート出演予定

田中李々(ヴァイオリン)/吉田瑳矩果(ハープ)/永野仁美(マリンバ)

入場料

舞台美術展、ミニ・コンサートともに無料

この記事のURLとタイトルをコピーする
  
この情報をシェアしよう