東京ソラマチに「文庫屋 大関」が2021年3月オープン予定|地元・墨田区の革工芸品店

文庫屋「大関」

東京ソラマチ1F、ソラマチ商店街に「文庫屋 大関」が2021年3月にオープンすることが判明。

お店の場所は、抹茶スイーツのお店「茶和々」が出店していた場所で、マツモトキヨシの隣です。

2021年3月オープン予定「文庫屋 大関」について

「文庫屋 大関」は、地元・墨田区に本社と工房を構える文庫革の工芸品店です。

Screenshot of www.oozeki-shop.com
皮革の伝統工芸「文庫革」の専門店:文庫屋「大関」オンラインショッピング より引用

創業以来、様々な環境の変化にも対応し続け、制作を続けてまいりましたが、姫路の牛革を使い、型押しをして、一筆一筆手作業で彩色を施し、漆と真菰を使った錆入れの工程を経て、一枚一枚手作業で仕上げていく伝統的な工程は、頑なにこだわり続けてきました。

文庫屋「大関」について – 文庫屋「大関」 より引用

銀座と浅草にもお店を出店していて、ソラマチのお店が実店舗としては3店舗目。
墨田区のふるさと納税の返礼品としても選ばれている、地元・墨田区を代表するブランドです。

「文庫屋 大関」のHPには、美しい文庫革の商品が並んでいます。
気になる方はぜひチェックを!

▼2021年春 ソラマチの大型リニューアルでオープンする店舗の情報はこちら

この記事のURLとタイトルをコピーする