【祝!開業】東京ミズマチ 最新情報▶

『いちや』ミズマチの1日数量限定『とろけるわらび餅』食べてきました!【実食レポ】

いちや|東京ミズマチ

東向島で大人気の和菓子屋『いちや』が、初の甘味処(イートイン)を東京ミズマチにオープン!!

『いちや』の出来立て和菓子やスイーツが楽しめるお店なんて!
ついにこの日がきたか!夢のようですね〜
『いちや』東京ミズマチ店では、『あんみつ』や『わらび餅』のほか、抹茶パフェなどが楽しめます。

また、看板メニューの『大福』『どら焼き』も、テイクアウトで購入できますよ。
東向島はちょっと遠かった〜、という方にも朗報ですね!
浅草、スカイツリーのお土産にもぴったり。

大注目の『いちや』甘味処へ早速行ってきましたので、実際に食べた感想や、メニュー、店内の様子など詳しくお伝えします!

『いちや』@東京ミズマチ店について

東向島にある大人気の和菓子店『いちや』の初の甘味処。
2020年6月18日(木)に開業した東京ミズマチに同日オープン。
ウエストゾーン(浅草より)に位置します。

いちや|東京ミズマチ

『いちや』について

『いちや』の本店は、東向島にあります。
看板メニューは『大福』と『どらやき』で、曳舟駅から、迷路に迷い込んだような路地裏にあるのに、休日は行列。
あまりの人気のせいか『和菓子いちや』の隣に、どらやき専門の『いちやのどら』がオープンするほど。

<下へ続く>

スポンサーリンク

『いちや』@東京ミズマチ店へのアクセス

東京ミズマチへの最寄り駅は、浅草またはスカイツリーです。
『いちや』がある、ウエストゾーンへの最短コースは東武線の浅草駅です。

【最短&おすすめコース】
東武線「浅草駅」の北口→すみだリバーウォーク→東京ミズマチ

写真で紹介するアクセス方法の記事もご参考ください↓

【完全ガイド】東京ミズマチ 現地レポ&アクセス|行列必至の人気食パンのお店や地元の和スイーツの名店も!

浅草からも、スカイツリーからもアクセスが便利なので、
【浅草寺のお参りついでにお土産を買う】
【スカイツリーへ行った後に、甘味処でひと息】
その日の予定やコースによって、便利な駅からアクセスするのがよさそうです。

【そのほかの最寄り駅】
・東武線の「スカイツリー駅」または「浅草駅」
・銀座線の「浅草駅」
・都営線の「浅草駅」

<下へ続く>

スポンサーリンク

『いちや』@東京ミズマチ店のメニュー

『いちや』ミズマチでは、甘味処(イートイン)と、お土産(テイクアウト)の両方ができますがそれぞれのメニューが異なります。
看板メニューの『大福』『どらやき』はテイクアウト限定です。

『いちや』ミズマチの【おすすめ】メニュー

おすすめメニューは『いちや特製あんみつ』『抹茶ぱふぇ』『とろりわらび餅』です。
どれも気になる〜
いちや|東京ミズマチ

『いちや』ミズマチの全メニュー

『あんみつ』『ぜんざい』『お汁粉』など、『いちや』の美味しい餡が楽しめるラインナップ!
『宇治抹茶ラテ』のほか、美味しいお茶メニュー、コーヒーなどのドリンク系も充実していますよ。
いちや|東京ミズマチ

『いちや』@東京ミズマチ店【実食レポート】

『いちや』ミズマチで、おすすめメニューの『抹茶ぱふぇ』『とろりわらび餅』をいただいてきました!
『いちや』は、注文後に白玉を作って出す、など、出来立てが楽しめるお店なのですが、その分、注文してから少し時間がかかります。

でも、その間にテイクアウトの『大福』『どやらき』をチェックしていたりすると、あっという間ですけどね(笑)

『いちや』@東京ミズマチ店内の雰囲気

東向島の『いちや』と同じく、とってもスタイリッシュ!
ミズマチウェストゾーンの真ん中に位置します。
ユニークな『いちや』のロゴを目印にしてくださいね。
東京ミズマチ

店内は『大福』と『どらやき』の、テイクアウト専用カウンターと、飲食スペースに分かれていて、注文も別です。

白をメインにした店内は、ガラス張りで、片側は隅田公園の芝生ひろば、もう一方は北十間川と、とっても開放的です。
いちや|東京ミズマチ

座席は、奥に片側ソファの席、中央にベンチ(4人がけ)の席、ほかに2人がけの席もあります。
広い店内ではありませんので、座席間はとても近いのですが、座席がとってもゆったりとしていて居心地抜群です。
どっしりとした家具は、長野県の伊那にある「KOJIMAYA」の家具とのこと。
パンフレットも置いてありました。
いちや|東京ミズマチ

セルフサービスで、お水が置いてありました。
いちや|東京ミズマチ

『いちや』のおすすめメニュー【とろりわらび餅】700円(税別)

1日限定食の『とろりわらび餅』です!
黒蜜は別がけ、お茶もついてきました。
いちや|東京ミズマチ

『わらび餅』はボリュームがあります。
そして、ひとつのサイズ感が大きい!
黄粉(きなこ)は、かけてある状態で提供され、しっかりとまぶされていて、さらに上に『追きなこ』されている感じです。わくわくしますね〜
いちや|東京ミズマチ

そして、黒蜜をたっぷりと。
ん〜、たまりません!
いちや|東京ミズマチ

みずみずしい『わらび餅』
名前のとおり『とろける感』が出ています!
いちや|東京ミズマチ

気になる『いちや』の『とろりわらび餅』の味は、直球の美味しさ!
ぷるっ、もにゅっ、とみずみずしく、餅なのにとろける食感!!
そして、きなこの香りがとてもよく、口から鼻にぬける感じが「ん〜!美味しい」
黒蜜は濃厚すぎず、どちらかというと食べやすい味で、わらび餅ときなこを、うまいことつないでいます。

シンプルなのに、とっても美味しい。
きなこと黒蜜をたっぷり絡めて、最後のひと切れまで、堪能したい!
食べやすいので、『わらび餅』好きはもちろん、子供から大人、みんなにおすすめしたいです。
限定数だから、どうしても食べたい!なら、開店すぐに行くのがいいかも知れませんね。

『いちや』のおすすめメニュー【抹茶ぱふぇ】850円(税別)

『いちや』のおすすめ『抹茶ぱふぇ』をいただきました!
お茶がついてきましたよ。
いちや|東京ミズマチ

さて、気にになるパフェの中身は。。
まずは、上にアイスクリーム2種「抹茶」と「バニラ」です。
きなこかかっちゃってます〜
特濃系ではなく、シンプルな味わいですが、喉越しよく、心地よい〜
ぱふぇの前菜ですね。
いちや|東京ミズマチ

ぱふぇ断面図。
上から「黄粉」「アイス」「最中皮」「餡(豊祝あずき)」「白玉」「抹茶寒天」
和菓子のいいとこが全部入り〜
いちや|東京ミズマチ

アイスを半分とっておき、最中皮を引っ張り出す。
餡をつけて食べたら『最中』
アイスをつけたら『アイス最中』
いろんなバリエーションが楽しめます!
パリッとした最中皮と、餡、アイスの相性抜群〜
いちや|東京ミズマチ

そしてきた!これが出来立て白玉(2こ入り)!
この白玉が絶品なのです。
柔らかさが極上、弾力があるのに、柔らかく、ちょっと噛んだらするりっと喉に流れる感じ。
これを『いちや』の餡と食べ合わせるなんて贅沢〜
2こじゃ足りない!白玉おかわり!したい気分です。
いちや|東京ミズマチ

そして、ついに『抹茶寒天』
抹茶の香りを強く感じられるシンプルな寒天です。
寒天そのものに甘さはなく、餡と合わせて食べるのがおすすめ。
ぷるっとした食感と、滑らかなのに豆の粒感がほっくりと美味しい餡の甘さ、バランス、相性が抜群です。
いちや|東京ミズマチ

お茶がとっても合います。
お茶→ぱふぇ→お茶→ぱふぇ。無限ループ。
いちや|東京ミズマチ

「アイス」「最中皮」「餡(豊祝あずき)」「白玉」「抹茶寒天」
シンプルのそのものだけを食べる、
最中皮に乗せたり、
それぞれを組み合わせたり、
『いちや』の『抹茶ぱふぇ』は、いろんな和菓子が一気に楽しめるユニークなメニュー。

最中の皮でパリッと、
白玉でもっちりと、
寒天でとろりと、
食感も楽しい一品です。

『いちや』の餡がたっぷりと食べられるのも嬉しいですよね〜

『いちや』ミズマチ店のお土産(テイクアウト)について

『いちや』ミズマチ店では、東向島本店で人気の『大福』『どらやき』の両方のメニューが買えますよ。
予想とおり大人気で、オープン早々から行列でしたが、店員さんがてきぱき対応してくれるので、列はするする進みましたよ。
※残念ながら『大福』『どらやき』は店内で食べることはできません。

『いちや』ミズマチ店のお土産(テイクアウト)メニュー 150円〜(税別)

『いちや』ミズマチ店では、東向島の本店と同じく『大福』や「どらやき」を買うことができます。

『いちや』お持ち帰りメニューラインナップ
【大福】
いちやの大福
黒ごま大福
豆大福
杏大福
素焼き大福

【どらやき】
いちやのどら
大粒栗どら
黒糖どら
抹茶クリームどら
くるみバタどら

ほかに、季節メニューもあります。
今回は『キウイどら』がありました。

お土産メニューは、カウンターに並びながらオーダーします。
『いちや大福』は売り切れでした!
いちや|東京ミズマチ

美味しそうな大福が並んでる〜
ついつい予定よりプラス1こ、2こと多めに買っちゃいますよね
大福は日持ちが1日ですので、ご注意を!
いちや|東京ミズマチ

『いちや』のどらやきは、小ぶりなんですが、実は結構食べ応えがあります。
いちや|東京ミズマチ

こちらが、季節メニュー『キウイどら』〜マスカルポーネチーズ添え〜
いちや|東京ミズマチ

実食レポ『杏大福』190円(税抜)『大粒栗どら』250円(税抜)

『杏大福』『大粒栗どら』をいただきました!
『いちや』の大福は1個売りからOK。
1個入りは小包装袋入り、2個入りから箱に入れてもらえます。

せっかくなので、出来立てを!ということで『いちや』の目の前の隅田公園でいただいちゃいました!
『いちや』の大福、どらやきは柔らかいので、持ち歩きする時は注意してくださいね。
いちや|東京ミズマチ

杏大福190円(税抜)
きめ細やかで、ぽってり。やわ肌です。
いちや|東京ミズマチ

『いちや』の大福の皮は薄め。
薄いけど、もっちりとしていて極上の舌触りです。
餡はほっくり炊いた豆の食感、香りが特徴で、程よい甘み。
杏の爽やかな酸味と果肉の食感も美味しい〜
いちや|東京ミズマチ

そして、こちらが『栗どら』
日持ちは3日ですので、お土産にもいいですね。
皮が柔らかく崩れやすいので、注意です。
いちや|東京ミズマチ

『いちや』のどらやきは、小ぶりサイズ。
小さいけれど、食べ応えがあるんですよ〜
餡がちょこっと顔を出しています(笑)
いちや|東京ミズマチ

『栗どら』の中には、大粒の栗が入っています。
『いちや』のどらやきの皮はしっとりとしているのが特徴ですが、口に入れるとふわふわと軽い口当たりになるのが不思議。
こんがりと焼いた皮に、滑らかさと粒の食感が両立した餡、これだけでもとっても美味しい!
『栗どら』は、さらにほっこりとした栗が入っているんだから、なんとも豪華なのです。
これお土産にもらったら嬉しいですよね!
いちや|東京ミズマチ

『大福』も『どらやき』も、ついついもう1個と手が出てしまう美味しさ。
限定メニューの『とろけるわらび餅』も、オーダーしてから作られる『白玉』も、ぜひぜひ食べてみてもらいたいです!

浅草からも、スカイツリー からもアクセスがとっても便利なミズマチにオープンして『いちや』の和菓子がもっと身近になったのはなんとも嬉しいですね。

『いちや』の和菓子!ぜひ試してみてください。

【完全ガイド】東京ミズマチ 現地レポ&アクセス|行列必至の人気食パンのお店や地元の和スイーツの名店も!

隠れソラカラちゃんも!「すみだリバーウォーク」【現地レポ】|川風のなかを電車を見ながらのんびり散歩を楽しめる

予算1000円前後で美味しくランチ!スカイツリー・ソラマチで人気のおすすめランチまとめ

この記事のURLとタイトルをコピーする
  

この情報をシェアしよう