スカイツリーでエヴァイベント開催中!

すみだ水族館で「たんぽぽとクラゲ」開催|クラゲ水槽「ビッグシャーレ」がたんぽぽの綿毛が舞う空間に!

すみだ水族館の「たんぽぽとクラゲ」

東京スカイツリータウンにあるすみだ水族館で、春限定のイベント「たんぽぽとクラゲ」が2021年3月12日(金)〜5月30日(日)の期間で開催されます。

クラゲ水槽「ビッグシャーレ」」の空間一帯が春の訪れを象徴する「たんぽぽ」で演出される春限定イベントです。

【すみだ水族館】「たんぽぽとクラゲ」について

すみだ水族館で開催の「たんぽぽとクラゲ」は、2020年に誕生した約500匹のクラゲが漂う水槽「ビッグシャーレ」の空間一帯をたんぽぽとクラゲを使った映像で演出します。

Main

たんぽぽは春の訪れを象徴する花として親しまれています。

冬から春に季節が移り変わる3月からスタートとなる、いまピッタリのイベントです。

本企画では、国内最大級の長径7mの水盤型水槽「ビッグシャーレ」およびその周辺の壁や床を用いて、春の訪れを象徴する「たんぽぽ」で空間を演出します。左右の壁面に投影される映像は、地上で綿毛となり“ふわふわ”としながらも力強く舞い遠くまで飛んで、また花を咲かせるたんぽぽと、海を“ふわふわ”と漂いながら輪廻するクラゲの一生をリンクさせたストーリー仕立てになっています。さらに、壁面のストーリーに合わせて床面の映像も変化します。水槽には、本企画にあわせて通常とは異なる色の照明を施し、空間全体で春を感じていただける内容となっています。

【すみだ水族館】クラゲ水槽「ビッグシャーレ」で春限定の演出「たんぽぽとクラゲ」を3月12日(金)から開催|オリックス株式会社のプレスリリース より引用

2020年の年末には、同じく「ビッグシャーレ」で行われた映像演出「月とクラゲ」で、神秘的な映像と美しいクラゲの姿を楽しめました。

すみだ水族館のビッグシャーレ「月とクラゲ」で神秘的な映像と美しいクラゲの姿で癒やされる

「たんぽぽとクラゲ」では、春らしい爽やかな映像が楽しめそうですね。

イベント開始後には現地を訪れて、詳細なレポートをお届けしたいと思います。

【現地レポ】すみだ水族館に「ビッグシャーレ」が誕生!クラゲが美しく漂う究極の癒やしスポット

この記事のURLとタイトルをコピーする
  

この情報をシェアしよう